以下のように同一IP同一ポートでの接続をドメイン名で切り替える設定をHTTPSで行いたいと思います。
※前回はHTTP(80番ポート)接続での設定で、今回はHTTPS(443)での接続です。
※フロントサーバ(リバースプロキシサーバ)はAlmaLinux9です。

参考サイトは以下です。
https://serverfault.com/questions/236496/haproxy-not-passing-ssl-traffic-in-tcp-mode-unknown-protocol
https://serverfault.com/questions/1029930/having-trouble-with-tcp-mode-on-haproxy-running-on-opnsense
https://www.haproxy.com/documentation/hapee/latest/onepage/


以下のコマンドを実行しHAProxyをインストールします。(既にインストール済みの場合は不要)

dnf -y install haproxy

以下のコマンドを実行し設定ファイルを開きます。(viの使い方は省略します)

vi /etc/haproxy/haproxy.cfg

443で待ち受けするfrontendを作成します。

frontend https_proxy
    bind *:443
    mode tcp
    tcp-request inspect-delay 5s
    tcp-request content accept if { req_ssl_hello_type 1 }
    use_backend https_servers1 if { req_ssl_sni -i aaa.com }
    use_backend https_servers2 if { req_ssl_sni -i bbb.com }

参考

frontend https_proxy ←frontendの名前をhttps_proxyに設定
    bind *:443 ←全IPアドレスで443ポートの場合に実行
    mode tcp ←tcpモード
    tcp-request inspect-delay 5s ←5秒まで遅延を許可。おまじない
    tcp-request content accept if { req_ssl_hello_type 1 } ←SSLでは必要
    use_backend https_servers1 if { req_ssl_sni -i aaa.com } ←aaa.comの場合はhttps_server1を処理
    use_backend https_servers2 if { req_ssl_sni -i bbb.com } ←bbb.comの場合はhttps_server2を処理

次にbackendを作成します。

backend https_servers1
    mode tcp
    option ssl-hello-chk
    option httpclose
    server web00 192.168.1.101:443 rise 2 fall 5

backend https_servers2
    mode tcp
    option ssl-hello-chk
    option httpclose
    server web00 192.168.1.102:443 rise 2 fall 5

参考

backend https_servers1 ← https_server1という名前のbackendを作成
    mode tcp ←tcpモード
    option ssl-hello-chk ←サーバーテストにSSLv3クライアントのHelloヘルスチェックを使用する
    option httpclose ←HTTPS リクエスト、セッション状態、タイマーのログを有効にする。backendでは意味なし?
    server web00 192.168.1.101:443 rise 2 fall 5 ←転送先ローカルIPアドレスとポート番号、ヘルスチェック2回成功で稼働中判断、5回失敗で停止中判断

設定ファイルを保存し、以下のコマンドを実行して、HAProxyを再起動します。

systemctl restart haproxy

以下のコマンドを実行しHAProxyを自動実行に設定します。

systemctl enable haproxy

フロントサーバのローカルIPアドレスで443番ポートを開放します。

ドメインごとにアクセスし異なるWebサイトが表示されれば成功です!


以下のようにHTTPとHTTPSを合わせて記載することも可能です。

frontend http_proxy
    use_backend http1_servers if { hdr(host) -m str aaa.com }
    use_backend http2_servers if { hdr(host) -m str bbb.com }
    bind *:80

frontend https_proxy
    bind *:443
    mode tcp
    tcp-request inspect-delay 5s
    tcp-request content accept if { req_ssl_hello_type 1 }
    use_backend https_servers1 if { req_ssl_sni -i aaa.jp }
    use_backend https_servers2 if { req_ssl_sni -i bbb.jp }

backend https_servers1
    mode tcp
    option ssl-hello-chk
    option httpclose
    server web00 192.168.1.101:443 rise 2 fall 5

backend https_servers2
    mode tcp
    option ssl-hello-chk
    option httpclose
    server web01 192.168.1.102:443 rise 2 fall 5

backend http1_servers
    server web02 192.168.1.101:80

backend http2_servers
    server web03 192.168.1.102:80

投稿者 つー